監督ごあいさつ
和歌山北高校サッカー部監督11年目の中村大吾です。よろしくお願いいたします。
和歌山北高校サッカー部は1963年の学校設立と同時に創部され、全国高校総体に10回出場、全国高校サッカー選手権大会に11回の出場を果たしております。現在は西校舎にあるJFA公認人工芝グラウンドで、108名の部員が日々汗を流しており、内18名の生徒は西校舎内の青桐寮で団体生活を送っています。
和歌山北高校サッカー部は、社会で活躍できる大人になるための育成を目指しており、サッカーを通して「人格形成」・「品格ある北高生」を追求しています。高校卒業後はさまざまな分野で活躍していることをとてもうれしく思います。
新型コロナウイルスによる長期間の休校、夏休みの短縮により強化遠征や合宿、チームでのトレーニングができない日が続きました。また、県総体、近畿大会、全国総体の中止など様々な影響がありましたが、1人ひとりが前を向いて取り組んでいます。
現在のチームですが、全員攻撃、全員守備で攻守において数的優位をつくり、「連続・連動・連携」を大事にしてゴールを守り、ゴールを奪います。全部員が同じ方向で突き進み、「全国で勝つ」を合い言葉にトレーニング、ゲームに精進しております。
 
 
 
 

今後の予定

 
12月12日に3年生の卒部式を行います。
 
 
 
ご寄付のお願い